• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

株主総会で社長が謝罪 紅麹健康被害、4人死亡で―小林製薬

配信
小林製薬の定時株主総会に向かう人=28日午前、大阪市内

小林製薬の定時株主総会に向かう人=28日午前、大阪市内

 小林製薬は28日、大阪市内で定時株主総会を開いた。同社の「紅麹(べにこうじ)」配合サプリメントを摂取した人の健康被害が発覚し、業績悪化が懸念されている。同社によると、小林章浩社長が総会冒頭に「ご冥福をお祈りし、ご遺族の皆さまにお悔やみ申し上げます」と4人の死亡が報告されたことについて謝罪し、株主らに頭を下げたという。

「紅麹」問題 関連ニュースをもっと見る

 同社は22日、サプリによる腎疾患が発生した疑いがあると公表。3種類の紅麹関連商品を自主回収するとともに、使用中止を呼び掛けた。これまでに4人が亡くなり、100人超が入院したことが明らかになった。原料としても紅麹を販売しており、最終的な販売先は少なくとも170社となるなど影響が広がっている。

 株主総会では小林章浩社長ら取締役7人の再任など2議案を議決する。同社は総会を報道陣に公開することを検討したが、見送った。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ