• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

「どこかの時点」で派兵必要 ウクライナ支援で仏大統領

配信
フランスのマクロン大統領=15日、ベルリン(AFP時事)

フランスのマクロン大統領=15日、ベルリン(AFP時事)

 【パリAFP時事】フランスのマクロン大統領は15日、ロシアの侵攻を受けるウクライナを支援するため、どこかの時点で欧米諸国が派兵する必要があるとの認識を改めて示した。16日付の地元紙パリジャンが報じた。同氏は2月下旬、部隊派遣の可能性を排除しないと発言。ドイツなど欧州諸国から反発の声が上がっていた。

ロシア勝利なら「欧州の信用ゼロ」 ウクライナ侵攻―マクロン仏大統領

 マクロン氏は「私は望まないし、主導する気もない」と発言。その上で「恐らくどこかの時点でロシア軍に反撃するため地上作戦を実施しなければならないだろう」と主張した。

 マクロン氏は15日、ベルリンで独・ポーランド首脳とウクライナ支援を巡り協議。会談後、「ロシアには絶対に勝たせず、ウクライナ国民を最後まで支援する」ことで3国は一致していると強調していた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ