• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

生き物の撮影は「大罪」 タリバン政権高官が発言―アフガン

配信

 【カブールAFP時事】アフガニスタンのイスラム主義組織タリバン暫定政権の当局者は20日、ジャーナリストが人間など生き物を撮影する「大罪」を犯していると主張した。法務省職員が対象のセミナーでの同省高官の発言として、一部の地元メディアが21日報じた。

共同通信の男性助手解放 タリバンが拘束、理由不明―アフガン

 この高官は「メディアの友人たちはこの罪を犯すのに忙しく、常に不道徳へと引き込まれている」と語った。タリバン誕生の地である同国南部カンダハル州の報道担当官はAFP通信に、公務員に対し今週、生き物の撮影禁止命令が出たが、メディアや一般市民には適用されないと説明した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ