• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

テレワークブース、会社内にも 「個室」で集中、需要拡大

配信
富士フイルムビジネスイノベーションが展開する、個室型ワークブース「ココデスク」の使用イメージ(富士フイルムホールディングス提供)

富士フイルムビジネスイノベーションが展開する、個室型ワークブース「ココデスク」の使用イメージ(富士フイルムホールディングス提供)

  • 富士フイルムビジネスイノベーションが東京メトロの駅構内などに設置する、個室型ワークブース「ココデスク」=19日、東京都中央区
  • コクヨが5月に発売する、半個室型の可動式ブース「ワークポッド ハドル」(同社提供)

 個室型のテレワークブースの需要が伸びている。新型コロナウイルス禍でリモートワークなど多様な働き方が定着し、移動の隙間時間に駅や商業施設でブースを利用する人が増加。集中して働けるとして、オフィスでも導入が広がっている。

在宅勤務、生産性に影響せず 米サンフランシスコ連銀が分析

 富士フイルムビジネスイノベーション(東京)が東京メトロ(同)と連携して、地下鉄駅構内などに設置している個室型ワークブース「ココデスク」。電源やモニターを備え、15分275円から利用できる。人流が回復し、昨年12月の稼働率は前年比2倍に伸長。両社は3月中旬までに、地下鉄構内の設置台数を昨年12月比約1.3倍となる72台に順次増やしていく計画だ。

 固定席をなくすなど自由度の高い職場が増える中、集中したい時や外部との打ち合わせにブースを活用する事例も広がる。コクヨの可動式ブース「ワークポッド」の2022年の販売数は前年比1.7倍。最近は出社する人も増え、複数が入れるタイプも人気だ。5月には壁を一部取り払い、周囲と交流しやすいタイプも投入する。

 日立製作所は、吸音効果のある樹脂を素材に採用した軽量型ワークブースを昨年末に販売。室内の静かさや、「設置した後でも利便性を考えて場所を変えやすいのが強み」(担当者)で、学生の就職活動や患者らの仕事スペースとして需要が見込まれる大学や病院もターゲットにしている。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ