• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

孫氏、AI半導体会社設立か 15兆円調達も―米報道

配信
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長

 【シリコンバレー時事】米ブルームバーグ通信は16日、ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長が人工知能(AI)向け半導体を手掛ける新会社の設立を検討していると報じた。孫氏自らが主導し、SBGや中東の金融機関から、総額1000億ドル(15兆円)規模の資金を調達する計画があるという。

AIを世界一活用する企業に ソフトバンクGの孫氏が講演

 開発が加速する、文章や画像を自動作成する「生成AI分野」では、米エヌビディアの半導体が圧倒的なシェアを誇る。一方で、需要の高まりから供給不足が指摘されており、孫氏の新会社はエヌビディアの対抗軸となる可能性がある。

 報道によると、SBGから300億ドル、中東から700億ドルを拠出する計画がある。ただ、資金調達方法や使途の詳細は固まっていない。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ