• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

聖地復活へ店主ら奮起 人気漫画「君ソム」舞台―「雰囲気そのままに」・能登地震

配信
「君は放課後インソムニア」に登場する喫茶店「中央茶廊」のマスター窪丈雄さん=1月21日、石川県七尾市

「君は放課後インソムニア」に登場する喫茶店「中央茶廊」のマスター窪丈雄さん=1月21日、石川県七尾市

  • 「君は放課後インソムニア」に登場する喫茶店「中央茶廊」の店内=1月21日、石川県七尾市
  • 「君は放課後インソムニア」に登場するメニュー「白雪姫」を作る「お好み焼 平野屋」の杉本祐一さん=1月21日、石川県七尾市
  • アニメや実写映画にもなった人気漫画「君は放課後インソムニア」に登場する「中山薬局」。地震で1階部分がつぶれていた=1月21日、石川県七尾市

 石川県七尾市は、テレビアニメや実写映画にもなった人気漫画「君は放課後インソムニア」(君ソム)の舞台として知られる。能登半島地震では、作中に登場し、ファンの「聖地」になった実在の店舗も被害を受けた。心配する声も飛び交う中、店主らは「雰囲気をそのままに復活させたい」と前を向いた。

「能登かき」復活ののろし 支援の注文、被災業者後押し―石川・能登地震

 君ソムは、不眠症(インソムニア)の悩みを共有する高校生男女の交流を、天文部の活動を通して描く青春漫画。七尾市内の街角にある薬局や、昭和レトロなゲームセンターなどが丁寧に描写されており、ラッピングバスが市内を走行、「聖地巡礼ツアー」も行われた。

 1月下旬、聖地の一つで、1953年創業の喫茶店「中央茶廊」を訪れた。映画のロケにも使用された店内は、割れたガラスが散乱し、天井の板がずれている。

 だが、3代目マスターの窪丈雄さん(57)は「カウンターの照明や壁のタイルは無傷。聖地としての雰囲気を壊さずに直したい」と前向きだ。現在は無事だった焙煎(ばいせん)機を使ってボランティアにコーヒーを振る舞うなど、「できること」をしている。

 「気持ちは『どうしよう』から『どうにかしよう』に変わっている。いつまでも被災者じゃいられない」。未来を見据え、そう語った。

 君ソム登場人物も通っていた「お好み焼 平野屋」は1月16日に営業を再開した。ただ、店を切り盛りする杉本祐一さん(45)によると、断水の影響で、他のメニューより水を使う焼きそばは提供できない。海鮮を使った料理も、市場が開くまでは難しいという。

 「出せるのは普段の3分の1程度」。そうこぼした杉本さんだったが、作中に登場する、とろろをかけたお好み焼き「白雪姫」は健在で、「再開を知ったファンが訪れ、励ましてくれた」と笑顔を見せた。

 「負担は大きいが、皆さんに温かいものを食べてもらいたい」。割れた電球カバーや壁のひび割れなど、地震の痕が残る店内で腕を振るっていた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ