• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ピンポイント着陸に成功 小型ロボット、機体を撮影―月探査機「SLIM」・JAXA

配信
小型ロボット「LEV―2」が月面で撮影した着陸後の探査機「SLIM」=(C)JAXA、タカラトミー、ソニーグループ(株)、同志社大学

小型ロボット「LEV―2」が月面で撮影した着陸後の探査機「SLIM」=(C)JAXA、タカラトミー、ソニーグループ(株)、同志社大学

  • JAXAとタカラトミーなどが共同開発した直径8センチの小型探査ロボット「LEV―2」(愛称SORA―Q)(JAXA、タカラトミー、ソニーグループ、同志社大提供)
  • 【図解】小型探査機「SLIM」の着陸

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、日本初の月面着陸に成功した探査機「SLIM(スリム)」について、目標としていた誤差100メートル精度のピンポイント着陸を達成できたと発表した。観測機器の分光カメラによる月面撮影や、搭載していた小型探査ロボットによる機体撮影にも初めて成功した。機体は垂直に「逆立ち」した状態で、太陽電池パネルを西側に向けていることも分かった。

数日後に発電再開も 太陽電池、西向きの姿勢―月探査機SLIM

 記者会見した責任者の坂井真一郎JAXA教授は「ピンポイント着陸の性能としては10メートル以下が達成できた。今後の月惑星探査に向け、非常に大きな成果だ」と述べた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ