• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

訪日消費額、初の5兆円突破 コロナ前超え、円安追い風―23年

配信
【図解】訪日外国人数と消費額

【図解】訪日外国人数と消費額

  • 浅草を訪れる観光客=2023年10月、東京都台東区

 観光庁が17日発表した2023年の訪日外国人旅行消費額(速報値)は、5兆2923億円となった。コロナ禍前で過去最高額だった19年(約4.8兆円)を超え、5兆円の大台を初めて突破。4月末に水際対策を撤廃して以降、訪日需要が急回復したことに加え、円安や物価高が消費額を押し上げた。

鳥取専務が社長昇格 初の女性・CA出身―日航

 日本政府観光局が同日発表した23年の訪日外国人数(推計値)は、前年比6.5倍の2506万6100人。過去最多だった19年(約3188万人)に対し8割程度の水準まで持ち直した。12月単月では273万4000人で、19年同月を8.2%上回り、12月として最多となった。

 訪日消費額は、政府が23年3月に決定した新たな観光立国推進基本計画の目標「5兆円」を達成した。1人当たりの単価は21.2万円(19年は15.9万円)に拡大。内訳は宿泊費が7.3万円と最も多く、買い物代は5.6万円、飲食費が4.8万円だった。

 国・地域別の消費額シェアは、台湾と中国(香港・マカオを除く)、韓国が14%台で大きく、米国(11.5%)、香港(9.1%)と続いた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ