• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

中国、頼氏への祝意に反発 日米英に「断固反対」―台湾総統選

配信

 【北京時事】在日中国大使館は14日、上川陽子外相が台湾総統選での頼清徳副総統の当選に祝意を示したことに反発する報道官談話を発表した。「中国内政への重大な干渉」であるとして「強烈な不満と断固たる反対」を表明した。

台湾海峡の安定維持を 頼氏当選で協力推進に意欲―韓国

 談話は「台湾の選挙は中国の内政」だと強調。「日本は台湾への侵略の歴史を深く反省し、台湾海峡の平和と安定に干渉してはならない」と警告した。日本側に「厳正な申し入れ」をしたとしている。

 中国外務省は、ブリンケン米国務長官やキャメロン英外相が示した祝意に反発。同省は報道官談話で「(米国は)『台湾独立』勢力に誤ったシグナルを送った。断固反対する」と述べ、米側に抗議したことを明らかにした。在英中国大使館も同様のコメントを発表し、台湾への祝意は「誤った行為」だと非難した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ