• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

米雇用、21万6000人増 失業率は3.7%で横ばい―12月

配信

 【ワシントン時事】米労働省が5日発表した2023年12月の雇用統計(季節調整済み)で、景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数は前月比21万6000人増だった。伸びは11月の17万3000人増(改定値)から拡大し、市場予想(17万人増)も上回った。米雇用の堅調ぶりが改めて示された。

円大幅安、145円台前半 米利下げ観測後退―東京市場

 失業率は3.7%と、前月から横ばい。インフレに影響する平均時給は前年同月比4.1%上昇。伸びは前月から小幅に加速し、高水準を維持した。

 業種別の就業者数は、レジャー・接客業が前月比4万人増。前月、労組ストの終結で大幅増となった自動車・部品は2100人減となった。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ