• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

債務問題、米国発危機も 日本「これ以上増やすな」―著名エコノミスト

配信
元国際通貨基金(IMF)チーフエコノミストのオリビエ・ブランシャール氏(ピーターソン国際経済研究所提供・時事)

元国際通貨基金(IMF)チーフエコノミストのオリビエ・ブランシャール氏(ピーターソン国際経済研究所提供・時事)

 【ワシントン時事】フランス出身の著名経済学者、オリビエ・ブランシャール元国際通貨基金(IMF)チーフエコノミストは、米国の債務膨張で米国債が信用を失い、世界的な金融危機に陥るリスクを警告した。また、日本の高い債務水準に言及し、「これ以上増やすべきではない」と訴えた。29日までに時事通信の書面インタビューに応じた。

米債務、膨張の恐れ 党派対立で「予算プロセス崩壊」

 ブランシャール氏は現在の世界的な高金利について、インフレが抑制された後に低下するものの、「コロナ前ほどの低さには戻らない」と予想。気候変動対策への投資が官民双方で増大するため、景気を加速も抑制もさせない「中立金利」の水準が高まると見込んだ。

 また、米国が拡大的な財政政策を見直さず、「極めて大規模な基礎的財政赤字」を抱える中で、金利水準の上昇は、その債務負担を悪化させると分析。与野党対立もあり「支出を減らすか、増税するか、政治的な意志がない」と懸念を示した。

 その上で、米債務が「ある段階で危機に陥ることを懸念している」と明言。投資家が疑念を持ち始めれば「米国債が安全な資産と見なされなくなり、世界の金融システムに大きな問題を引き起こしかねない」と警鐘を鳴らした。

 同氏は一方、日本について「民間需要が極めて弱い場合、金利を非常に低く保ち、基礎的財政赤字を許容し、債務を増やすのは概して正しい戦略だ」と評価。ただ、「日本の債務水準は現時点で非常に高く、これ以上増やすべきではない」とくぎを刺した。

 さらに、債務水準を制御するには「生産性を向上させるか、移民も含めて労働力を増やすかによって、成長拡大に取り組まなければならない」と提言。ただ「特効薬はない。成長促進策をすべて試み、一部が成功するのを期待するしかない」との見方を示した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ