• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

G7財務相がオンライン会合 日本、ウクライナ追加支援へ―議長国は伊に

配信
先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議のオンライン会合で議長を務める鈴木俊一財務相=19日夜、東京・霞が関の財務省(同省提供)

先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議のオンライン会合で議長を務める鈴木俊一財務相=19日夜、東京・霞が関の財務省(同省提供)

 先進7カ国(G7)は19日夜、財務相・中央銀行総裁会議をオンライン形式で開催した。日本は議長国を務めた今年1年間の議論を総括し、来年の議長国イタリアへの引き継ぎを行った。ウクライナ支援に関する協議には、同国のマルチェンコ財務相も参加した。

G7財務相会合、今夜開催へ 議長国締めくくり、オンラインで

 日本からは鈴木俊一財務相と植田和男日銀総裁が出席。鈴木氏は会合後に取材に応じ、ウクライナに対し、総額45億ドル(約6500億円)の追加支援を行う用意があると説明したと明らかにした。その上で「紛争は続いており、これから先の復旧・復興にも財政ニーズがある」と述べ、今後も支援協議に貢献していく考えを示した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ