• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

大谷の年俸、3億円以下か 97%以上「後払い」―米メディア報道・大リーグ

配信
米大リーグ球宴のレッドカーペットでインタビューを受ける大谷翔平=7月11日、シアトル

米大リーグ球宴のレッドカーペットでインタビューを受ける大谷翔平=7月11日、シアトル

  • 大谷について報じる11日付の地元紙=11日、ロサンゼルス

 【ロサンゼルス時事】米大リーグ、ドジャース入団が正式発表された大谷翔平選手(29)について、複数の米メディアは11日、10年総額7億ドル(約1015億円)の大型契約の詳細を報じ、年俸は2033年まで毎年200万ドル(約2億9000万円)に抑えられることが分かった。

日本球界総年俸の3倍超 大谷、破格の大型契約

 単年平均だと本来なら7000万ドル(約101億5000万円)を受け取れるはずで、わずか3%程度になる。スポーツ専門局ESPNは33年までの10年間の年俸が計2000万ドル(約29億円)にとどまり、契約の終わった34年から43年で残りの6億8000万ドル(約986億円)を受け取ると説明。「97%以上が後払い」と伝えた。

 大リーグでは、チームの年俸総額が規定額を超えると課徴金(ぜいたく税)を支払う制度がある。ドジャースが大谷に毎年7000万ドルを払う場合、ぜいたく税が発生し続け、他の補強が進まなくなるリスクがある。

 今回の契約では、大谷側の提案で「後払い」が可能となり、ぜいたく税への影響が軽減。ドジャースは先発投手を必要としており、プロ野球オリックスからメジャー移籍を目指す山本由伸投手に興味を示すなど、今後も積極的に補強に動きそうだ。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ