• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ソフトバンク、連日の通信障害 東日本の固定電話、7.4万法人に影響

配信
ソフトバンクのロゴマーク(AFP時事)

ソフトバンクのロゴマーク(AFP時事)

 ソフトバンクは20日、午前8時30分ごろから東日本エリアの一部で、固定電話サービスに通信障害が発生したと発表した。約3時間半後の午後0時1分に復旧した。同社の固定電話は、18日から19日にかけても障害が発生したばかりだった。

大規模障害、社会揺るがす 通信依存、リスク浮き彫り―KDDI事故1年

 障害が起きたのは「おとくライン」と「おとく光電話」と呼ばれるサービスで、ソフトバンクは約7万4000法人などに影響が及んだとみている。原因は通信設備の故障といい、同社は18日から生じた障害との関連性も含め、詳しく調査している。

 またソフトバンクは「お客さまには、多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわびする」とのコメントを出した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ