• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

「ハマスのトンネル」内部公開 ガザ最大病院、疑念払拭図る―「人質連行」写真も・イスラエル

配信
パレスチナ自治区ガザのシファ病院で見つかったハマスが使っていたとされる地下トンネル(イスラエル軍が19日公開)

パレスチナ自治区ガザのシファ病院で見つかったハマスが使っていたとされる地下トンネル(イスラエル軍が19日公開)

  • パレスチナ自治区ガザのシファ病院へ連れ込まれたとされる人質ら(イスラエル軍が19日公開)

 【エルサレム時事】イスラエル軍は19日、パレスチナ自治区ガザで最大規模のシファ病院敷地内の地下で発見したとする長さ55メートルのトンネル内部の動画を公開した。軍は15日、地下にイスラム組織ハマスの司令部があるとみて同病院に突入。捜索を継続していた。

ガザ最大病院に「トンネル入り口」 イスラエル主張、ハマスは否定―南部へ作戦拡大も

 軍は声明で、「強固なテロのトンネル」が発見されたと強調。ハマスが同病院の複数の建物を「テロ活動用の施設として使っていたことが明確に証明された」と主張した。

 イスラエル側はこれまで、病院で見つけたトンネルの縦穴や、残された武器とされる動画を公開してきたが、信ぴょう性を疑う声も根強かった。ハマスが病院の軍事利用を否定する中、動画公表で作戦の正当化と疑念の払拭を図る狙いがあるとみられる。

 イスラエル軍によると、動画は17日に撮影された。トンネルは深さ10メートルで、縦穴から地下に至ると、大人が通れるほどの通路へとつながり、その先に爆破にも耐えられるドアが設置されていた。軍はドアについて「ハマスがイスラエル部隊の司令部への進入を防ぐため」のものだと説明。ドア周辺には爆発物が仕掛けられている恐れもあり、慎重に捜索を続けるという。

 軍はまた、ハマスが越境攻撃を仕掛けた10月7日に、イスラエルからシファ病院へ連行されてきた人質を映したとされる動画も公表した。数人の男に囲まれて連れ込まれる人物や、負傷して担架で運ばれる姿が撮影されていた。

 軍は、動画に出てくる人質はネパール人とタイ人で、「現在の所在は不明」(報道官)としている。動画には、奇襲の際にハマスが盗んだとされるイスラエル軍の車両や、人質の拉致に使われたと軍が指摘する車も映っている。

 中東の衛星テレビ局アルジャジーラによれば、ハマスはイスラエルの主張を「自らの軍事的失敗を隠すためのうそだ」と否定した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ