• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

「多様な表現流通しやすく」 専門家、判決を評価―映画助成金訴訟

配信
映画「宮本から君へ」の助成金不交付を巡る訴訟の最高裁判決を受け、「画期的判決」などと書かれた紙を掲げる弁護士ら=17日午後、最高裁前

映画「宮本から君へ」の助成金不交付を巡る訴訟の最高裁判決を受け、「画期的判決」などと書かれた紙を掲げる弁護士ら=17日午後、最高裁前

 映画への助成金不交付を巡る訴訟で、最高裁は芸術に対する公的助成の在り方について初めて判断を示した。専門家は「多様な表現が世の中に流通しやすくなる」と判決を評価する。

助成金不交付は違法 映画「宮本から君へ」―制作会社の勝訴確定・最高裁

 日本芸術文化振興会は、「公益性」の観点から映画「宮本から君へ」に対する助成金の交付を取りやめた。最高裁は「公益を理由とした不交付が広く行われると、表現行為を萎縮させる可能性があり、憲法が保障する表現の自由の趣旨に照らしても看過し難い」と付言した。

 横大道聡・慶応大教授(憲法)は、最高裁が表現の自由に言及したことを「これまでになく踏み込んだ」と評する。公的助成の在り方について「芸術性の観点が基本で、恣意(しい)的な理由での不交付はダメだというメッセージだ」と述べた。

 助成金がないと作れない作品もあるため、表現のコントロールにつながりかねないとも指摘。判決によって「より自由度のある作品が作れるようになり、多様な表現が流通しやすくなるのでは」と話した。

 原告の映画制作会社の代理人、四宮隆史弁護団長は判決後の記者会見で「専門家が純粋に価値が高いと判断した作品には、忖度(そんたく)せず助成金を交付する流れにつながる」と歓迎した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ