• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

東大、不正アクセスで情報流出か 教職員・学生ら約4300件

配信

 東京大は24日、大学院総合文化研究科・教養学部所属の男性教授が使用していたパソコンがマルウエア(悪意のあるソフト)に感染し、教職員や学生らの個人情報約4300件が流出した可能性があると発表した。

流出情報、山田養蜂場が400万件 NTT西子会社不正

 東大によると、昨年7月、実在する組織の社員をかたるなどしたメールを受信して感染した。今年1月に専門機関からの指摘で発覚し、調査したところ、情報窃取の形跡が見つかり、警視庁に被害届を提出した。

 流出した可能性があるのは、教職員や学生、卒業生の氏名や住所、電話番号、成績など。男性教授が在籍する学会会員情報、非常勤講師を務める他大学の学生らの個人情報も含まれた。情報を悪用した二次被害は確認されていないという。

 東大は情報セキュリティーの確保について指導の徹底を強化し、対策に努めるとしている。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ