中利夫さん死去 中日で首位打者、監督も―87歳

配信
中利夫さん 元プロ野球選手

中利夫さん 元プロ野球選手

 プロ野球中日の元外野手で、監督も務めた中利夫(なか・としお)さんが10日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため名古屋市の病院で死去した。87歳だった。群馬県出身。葬儀は近親者で済ませた。

俊足巧打のいぶし銀 「ちょうちん打法」の中さん

 1955年に群馬・前橋高から中日に入団し、俊足の外野手として活躍。高木守道と1、2番コンビを組み、60年に盗塁王、67年に首位打者を獲得した。通算81三塁打はセ・リーグ記録。守備範囲が広く、リーグ記録のシーズン350刺殺を2度マークしている。

 72年限りで引退。通算1877試合、打率2割7分7厘、139本塁打、541打点、347盗塁の成績を残した。

 78年から3年間中日の監督を務めたほか、広島でも2軍監督などを歴任。「暁生」「登志雄」など、登録名を何度も変えた。 

 

 ◇中利夫氏の監督成績

 年        勝   敗   分   勝率 順位

1978 中 日 53  71   6 .427 5位

  79  〃  59  57  14 .509 3位

  80  〃  45  76   9 .372 6位

   計 3年 157 204  29 .435

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ