• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

法廷職員への「口撃」禁止 トランプ氏投稿を問題視―NY地裁

2023年10月04日13時30分

トランプ前米大統領=3日、ニューヨーク(AFP時事)

トランプ前米大統領=3日、ニューヨーク(AFP時事)

 【ニューヨーク時事】トランプ前米大統領らによる不動産価値の不正操作を巡る民事訴訟で、ニューヨーク州地裁の担当判事は3日、法廷職員について公に発言したり、SNSに投稿したりすることを禁じる命令を出した。トランプ氏の「口撃」を問題視した。米メディアが報じた。

トランプ前米大統領が出廷、不正否定 不動産価値巡る民事訴訟

 この日、同地裁では2日目の口頭弁論が開かれ、トランプ氏が前日に続き出廷。命令に先立ち、訴訟を担当する女性職員が民主党議員と一緒にいる写真を自身のSNSに投稿し「(議員の)ガールフレンドだ」などとやゆした。
 判事は「被告の1人が、私のスタッフを中傷する事実と異なる内容を投稿した」と指摘。「法廷職員に対する個人攻撃は容認できない」として、命令に従わない場合は「深刻な処罰」を与えると警告した。
 トランプ氏は問題の投稿を削除したものの、これまでもニューヨーク州司法当局者を「無能」と呼ぶなど、意に沿わない関係者への中傷を繰り返している。
 3日の口頭弁論では、原告側の証人としてトランプ氏の元会計士が証言。財務書類の多くに、トランプ氏側の自己申告に基づく数字が使われていたと語った。

関連記事

こんな記事も

国際用語

国際



ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ