• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

商業施設で乱射、2人死亡 銃所持の14歳逮捕―タイ

配信
3日、バンコク中心部の大型商業施設「サイアム・パラゴン」に到着した救急車(手前左)(AFP時事)

3日、バンコク中心部の大型商業施設「サイアム・パラゴン」に到着した救急車(手前左)(AFP時事)

  • バンコクの商業施設で3日に起きた発砲事件で、タイの警察官が拘束した容疑者(タイ警察のSNSより)
  • バンコクの大型商業施設「サイアム・パラゴン」=2005年12月(AFP時事)

 【バンコク時事】タイの首都バンコク中心部にある大型商業施設「サイアム・パラゴン」で3日夕、男が銃を乱射し、警察によると2人が死亡、5人が負傷した。警察は銃を所持していた少年(14)を逮捕。在タイ日本大使館によると、死傷者の中に日本人はいないもようだ。

乱射事件、観光への影響懸念 関係先から大量の銃弾―タイ

 警察は銃の入手経路などを調べる。

 警察などによると、死者は中国人(34)とミャンマー人のいずれも女性で、タイ人女性(30)も頭を撃たれ重体。逮捕された少年には精神的な疾患があったが、最近はバンコクの病院に通院していなかった。逮捕時には意味が不明瞭な発言をしていたという。

 セター首相はX(旧ツイッター)に「亡くなった方の遺族に心よりお悔やみ申し上げる」と投稿した。

 サイアム・パラゴンは観光客も多く集まる施設。地元メディアによると、事件を受けて大勢の客らが避難した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ