• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

インド、カナダ外交官20人超の出国要請 シーク教指導者殺害で対立

2023年10月03日18時39分

インドのモディ首相=9月18日、ニューデリー(AFP時事)

インドのモディ首相=9月18日、ニューデリー(AFP時事)

 【ニューデリー時事】カナダで6月に起きたシーク教指導者殺害事件で、カナダ側から関与を指摘され反発するインド政府が、同国に駐在する20人以上のカナダ人外交官の出国を求めている。インドの民放「ニュース18」が3日、政府筋の話として報じた。実行に移されれば、両国関係のさらなる悪化は必至だ。

宗教指導者殺害、非難の応酬 外交官追放、渡航自粛を要請―印カナダ

 同民放は政府高官の話として、カナダが「テロ捜査に協力しない」ことが外交団の規模縮小を要請した主な理由と伝えた。最終決定はしていないという。殺害された指導者はシーク教徒の多いインド北部パンジャブ州を中心とする独立国樹立を目指す運動を支持し、インド政府が「テロリスト」として指名手配していた。
 英紙フィナンシャル・タイムズも3日、インドがカナダに、10日までに外交官約40人を国外に退去させるよう求めたと報じた。インド外務省は時事通信の取材に回答を拒否した。

関連記事

こんな記事も

国際用語

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ