• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

武田薬品のワクチン推奨 デング熱で6~16歳に―WHO

2023年10月03日05時46分

世界保健機関(WHO)本部=スイス・ジュネーブ(AFP時事)

世界保健機関(WHO)本部=スイス・ジュネーブ(AFP時事)

 【パリ時事】世界保健機関(WHO)は2日、蚊を媒介とする感染症、デング熱のワクチンとして、武田薬品工業が開発した「QDENGA(キューデンガ)」を推奨すると発表した。欧州連合(EU)やインドネシア、ブラジルなどでは既に承認済み。
 WHOは、感染が深刻化した地域などに暮らす6~16歳を接種の対象に推奨。デング熱はアフリカやアジア、中南米での流行拡大が懸念されており、専門家はキューデンガについて「幅広い使用の可能性を秘めた最初のデング熱ワクチンだ」と述べた。

関連記事

こんな記事も

国際用語

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ