• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

「今季で決めたかった」 平野佳の一問一答―プロ野球・オリックス

配信
日米通算250セーブを達成し、記念撮影するオリックスの平野佳=2日、京セラドーム

日米通算250セーブを達成し、記念撮影するオリックスの平野佳=2日、京セラドーム

 日米通算250セーブを達成したオリックス平野佳投手の一問一答は次の通り。

 ―達成した心境は。

 自分の中では今季で決めたいと思っていた。試合数が少なくなってきて、少しやきもきしていた。

 ―本拠地で決めた。

 これまでの節目はビジターだったので、多くのファンの前で達成できてよかった。

 ―米国での経験は。

 フォークの大切さ、精度を身に付けた。

 ―帰国後は3連覇に貢献。

 40試合くらいしか投げられていない。セーブ数もうれしいが、試合数が一番だと思っている。もう少し手伝えた。

 ―名球会入りの資格を得た。

 入団した時は先発だったし、抑えでとは本当に想像もしていなかった。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

野球

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ