• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ソフトボール、日本が6連覇 陸上では上山、高山が金―アジア大会

配信
ソフトボールで金メダルを獲得し喜ぶ上野(手前右から2人目)ら日本の選手=2日、中国・紹興

ソフトボールで金メダルを獲得し喜ぶ上野(手前右から2人目)ら日本の選手=2日、中国・紹興

  • 陸上男子200メートル決勝、1位でゴールする上山紘輝(右)=2日、中国・杭州
  • カヌー男子スプリントのカナディアンペア500メートルで銀メダルを獲得した橋本将都(左)、永沼崚組=2日、中国・杭州
  • 卓球女子ダブルス準決勝でプレーする張本美和(右)、木原美悠組=2日、中国・杭州

 【杭州時事】杭州アジア大会第10日の2日、ソフトボールの日本は決勝で中国を4―0で下し、6連覇を達成した。内藤(ビックカメラ高崎)が一回に先制2ランを放ち、六回に2点を追加。後藤(トヨタ)、上野(ビックカメラ高崎)が無失点リレーでつないだ。

<杭州アジア大会>の関連情報をもっと読む

 陸上は男子200メートル決勝で上山紘輝(住友電工)が20秒60で優勝。同110メートル障害決勝でも高山峻野(ゼンリン)がクウェート選手と13秒41の同着で金メダルに輝いた。

 トライアスロン混合リレーの日本(ニナー、高橋、北條、佐藤)は金メダルを獲得した。日本勢はこの種目3連覇。カヌー・スプリントの男子カナディアンペア500メートルの橋本将都(サコス)永沼崚(永沼)組は銀メダル。

 卓球の女子ダブルス準決勝で張本美和(木下アカデミー)木原美悠(木下グループ)組は田志希、申裕斌組(韓国)に1―4で敗れて銅メダルだった。

 馬術の総合馬術団体で日本(平永、吉沢、中島、楠本)は2位、個人では吉沢和紘(日本中央競馬会)が3位に入った。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ