潰瘍性大腸炎に関する良好なトップライン結果=MRMヘルス〔BW〕

配信

 【ビジネスワイヤ】ベルギーのバイオ医薬品企業のMRMヘルスは、MH002を投与した臨床第2a相試験のトップライン結果を発表した。合計16週間にわたる投与の結果、安全性と忍容性が示され、副作用は確認されなかった。便の硬さ、抗炎症作用に顕著な改善も見られた。2023年末に分析を完了させ、発表を予定しており、現在は開発フェーズ2/3への進行に向けた手続きを開始している。MH002は現在、最も合理的に設計されたマイクロバイオームコンソーシアム療法となる。

 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ワイヤーサービス

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ