データベース可観測性の新製品を発表=米ソーラーウインズ〔BW〕

配信

 【ビジネスワイヤ】IT管理ソフトウエアの米ソーラーウインズは、サービス管理およびデータベース可観測性ソリューションの新製品「エンタープライズ・サービス・マネジメント(ESM)」と「SQLセントリー」を発表した。企業が業務改善を業績向上につなげ、全社的にイノベーションを加速できるように設計された製品で、オブザーバビリティ(可観測性)とサービス管理を独自の手法で統合するというソーラーウインズが取り組む変革戦略の一環として開発された。ESMは、企業のIT部署に限らず、すべての部署が作業手順や社内リクエストの管理に利用できる共通したツールを提供する。SQLセントリーは、データベース管理者が、迅速かつ容易に問題を特定・解決して予防策を講じることを可能にする。

 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ワイヤーサービス

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ