機内接続をすべてのエアバス航空機に拡大へ=米インテルサット〔BW〕

配信

 【ビジネスワイヤ】総合衛星・地上ネットワーク事業者の米インテルサットは、エアバスの「エアスペース・リンク(HBCプラス)」を利用する航空機に、インテルサットの多軌道ネットワーク・サービスを提供すると発表した。同ネットワークは、LEO衛星とGEO衛星を活用し、エアバスのKuバンドESAターミナルで両衛星のネットワークに同時接続することで、高い回復力・処理能力と低遅延を発揮する。2026年前半に納入される航空機から導入予定で、エアバスがライン内のHBCプラスのインストール管理、変更管理、システム稼働に関するサポートを行う。

 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ワイヤーサービス

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ