• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

知人男性の遺体切断、遺棄 容疑で31歳男逮捕―広島県警

配信
広島県警察本部

広島県警察本部

 知人男性の遺体を切断、遺棄したとして、広島県警は1日、パート従業員渡部大地容疑者(31)=広島市佐伯区=を死体損壊と死体遺棄容疑で逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。県警は殺人容疑も視野に捜査を進めている。

【写真特集】未解決事件10~3億円強奪から東電女性社員殺害まで~

 逮捕容疑は、2021年10月29~30日ごろ、広島市佐伯区の同容疑者の親族宅で、警備員植木秀俊さん=当時(70)=の遺体を刃物などで切断し、住宅の敷地内や周辺の沿岸などに遺棄した疑い。

 県警によると、渡部容疑者の親族が植木さんと知人関係にあり、同容疑者と植木さんも面識があった。植木さんは同10月31日に妹から行方不明届が出されていた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ