• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

フィジー、大苦戦も前進 ラグビーW杯

配信

 フィジーは苦しみがらも白星をつかんだ。前半はジョージアの気迫に押されて0―9。後半11分にCTBナヤザレブがタックルを受けながら左隅に押さえ、ようやく初得点となるトライを決めた。同25分のPGで逆転し、さらにトライを追加した。

 ところが終盤に5点差まで迫られ、ラストプレーでジョージアに裏のスペースに蹴り込まれた。FBドロアセセが背走。相手より先にボールに追い付いて蹴り出し、辛くも逃げ切った。

 何とか勝ち点4を確保し、4大会ぶりの8強入りへ前進した。主将のナヤザレブは「私たちは歴史をつくるチームになりたい。それが目標だ」と誓った。(時事)

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ