• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

主力温存でもチリ圧倒 アルゼンチン、日本戦へ弾み―ラグビーW杯

配信
チリに快勝し、喜ぶアルゼンチンの選手たち=9月30日、フランス・ナント(AFP時事)

チリに快勝し、喜ぶアルゼンチンの選手たち=9月30日、フランス・ナント(AFP時事)

 主力を温存したアルゼンチンがチリを圧倒した。8トライを奪い、勝ち点5を得て得失点差でD組2位に浮上。チェイカ監督は「みんながいい働きをしてくれた」と満足そうに振り返った。

アルゼンチンのサンチェス、節目で活躍

 狙い通りに試合を運んだ。序盤から積極的に攻め、前半9分にSOサンチェスが幸先良く先制トライ。その後はラインアウトからモールで押し込んでトライを追加するなど、粘り強く守ろうとするチリに対して力勝負で優位に立った。

 後半に相手の運動量が落ちると、今度は素早いボール回しからチャンスをつくった。スピードに乗った突破でトライを連取。ゲーム主将のCTBデラフエンテは「最初にトライを決めたことで楽になれた」と納得の様子だった。

 8日後に日本との大一番を迎える。アルゼンチンの方が試合間隔が短いが、WTBボフェリ、フランカーのマテーラら主力を休ませることができたのは大きい。チェイカ監督は「日本も準々決勝を目指しているが、それはわれわれも同じ。勝ちたい。そのために必要な準備をしていく」と力強く言った。 (ナント時事)

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ