• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

藤竜也さんに最優秀主演賞 サンセバスチャン映画祭―スペイン

配信
30日、スペインのサンセバスチャン国際映画祭で最優秀主演賞の受賞スピーチをする俳優の藤竜也さん(AFP時事)

30日、スペインのサンセバスチャン国際映画祭で最優秀主演賞の受賞スピーチをする俳優の藤竜也さん(AFP時事)

  • 30日、スペインのサンセバスチャン国際映画祭で長編「大いなる不在」に出演して最優秀主演賞を獲得した藤竜也さん(左)と近浦啓監督(EPA時事)

 【パリ時事】スペインで開かれた第71回サンセバスチャン国際映画祭の授賞式が9月30日行われ、近浦啓監督の長編「大いなる不在」に出演した俳優の藤竜也さん(82)が最優秀主演賞を受賞した。藤さんは受賞スピーチで「映画よ、ありがとう」と感謝を述べ、拍手喝采を浴びた。

藤竜也が“ダンディー”を捨てた理由 忘れられない二人との出会い、映画「それいけ!ゲートボールさくら組」主演

 作品は、疎遠な関係が続いた父子が再会する物語。藤さんが認知症を患った父親役、森山未來さんが息子役を演じた。ほかに真木よう子さん、原日出子さんらが共演した。日本では来年公開予定。

 藤さんは「(作品上映後に)思いがけない光景を目にした。心に染みる、とても長いスタンディングオベーションだった。観客の皆さんが温かい拍手と、たくさんの優しいまなざし、たくさんの美しい笑顔を下さった」と感激の面持ち。スタッフ、共演者らの名前を一人ひとり読み上げて「ありがとう」と繰り返した。

 近浦作品に出演するのは短編を含め3作目という藤さん。授賞式に先立つ29日の記者会見では、役作りについて問われ、「難しいことは何もなかった。(演じた)男にハイジャックされたような状態で、あっという間に撮影期間が終わったみたいな感じ」と振り返っていた。

 藤さんは国際的に高い評価を受けた1976年の日仏合作映画「愛のコリーダ」(大島渚監督)をはじめ、数多くの映画・テレビドラマに出演している。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ