• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

坂本、絶対絶命しのぐ プロ野球・ロッテ

配信

 ロッテの坂本が好救援でチームを救った。同点の九回、乱調の益田が1死満塁で鈴木に2ボールを与えたところで、ベンチは交代を決断。厳しい場面を坂本に託した。1球目はボール判定だったが、球威で押して最後は151キロの直球で空振り三振。続く外崎も変化球を振らせて三振を奪い、ピンチを脱した。

 ベンチで涙をこらえられなかった益田を助け、「益田さんにいつも助けられている。チームは支え合うもの」と話した。

 吉井監督は「(益田は)どう見てもどこかおかしかった」と話し、「坂本の球の強さに懸けるしかなかった。うまく抑えてくれた」とたたえた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ