• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

新人門別、堂々の初先発 プロ野球・阪神

配信

 阪神の高卒新人、門別がプロ初先発で5回を7安打無失点。毎回のように走者を背負ったが、力のある直球を内角へ強気に投げ込んだ。白星はならなかったが、「無失点に抑えられたことが一番。とにかく直球で押していけたことが自信になった」と振り返った。

 プロ初登板となった15日の広島戦では、2番手で3回3失点。課題と感じた直球の質を見直し、この日の力投につなげた。「きょうの反省をまた今後に生かして、少しずつレベルアップしていけたら」。19歳左腕は頼もしく言った。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

野球

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ