• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

全国弁連「早期解散命令を」 旧統一教会問題で集会―東京

配信
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の高額献金問題を巡り、集会で活動報告する全国霊感商法対策弁護士連絡会(全国弁連)のメンバーら=30日午後、東京都千代田区

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の高額献金問題を巡り、集会で活動報告する全国霊感商法対策弁護士連絡会(全国弁連)のメンバーら=30日午後、東京都千代田区

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の高額献金問題を追及する全国霊感商法対策弁護士連絡会(全国弁連)は30日、東京都内で集会を開いた。政府や裁判所に対し、教団の解散命令を迅速に出すよう求めたほか、元信者や専門家から教団の活動や財政状況について報告も行われた。

旧統一教会の解散請求へ 霊感商法「組織的に継続」―宗教審に近く諮問・文科省方針

 代表世話人の山口広弁護士はあいさつで、宗教法人法に基づく教団への解散命令が東京地裁に請求される見通しであることに触れ、「悪質な資金獲得活動の実態を認定していただきたい。教団は宗教法人格を認められるべきではない」と訴えた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ