• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ロシアの資格全面停止に賛成票 JPC

配信

 日本パラリンピック委員会(JPC)の森和之会長は30日、ウクライナへの侵攻を続けるロシアと同盟国ベラルーシの会員資格全面停止を問う国際パラリンピック委員会(IPC)総会での投票で、戦争に反対する立場から賛成票を投じたことを明らかにした。

ロシアなどのパラ参加容認 個人資格、中立など条件付き―IPC

 総会では、両国のパリ・パラリンピック参加を条件付きで認めることを決定。森会長は「全面的に支持したわけではないが、IPC総会での最終決定として尊重する」とのコメントを出した。 (時事)

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ウクライナ情勢

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ