• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

広島、投打振るわず プロ野球

配信

 2位確定に王手をかけていた広島は投打ともに振るわず、3位DeNAとのゲーム差が1に縮まった。先発の森下は自身の2桁勝利も懸かっていたが、三回2死二塁から3連打を浴びるなど5回3失点(自責点2)。「実力不足」と言葉少なだった。

 打線は計9四球を選びながらも、得点は九回に併殺打の間に挙げた1点のみ。新井監督は「みんなが粘って四球を取ってくれた中で、得点に結び付けられなかったのは、私が反省したい」と話した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ