• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

九州電、課徴金取り消し求め提訴 カルテル問題の処分に不服

配信

 九州電力と販売子会社の九電みらいエナジーは29日、関西電力との間で結んだとするカルテル問題で、3月に公正取引委員会から排除措置命令などを受けた処分を不服とし、命令の取り消しを求めて東京地裁に提訴したと発表した。 

 九州電は、「合意はなかったということについて会社の考えを説明する」とし、「司法の公正な判断を求めていく」との考えを示した。

 カルテルを巡っては、同社は公取委から27億円の課徴金納付命令を受けていた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ