• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

大垣日大高の阪口監督勇退へ 春夏通算35度出場、40勝―高校野球

配信
大垣日大高の阪口慶三監督=2017年8月、甲子園

大垣日大高の阪口慶三監督=2017年8月、甲子園

 高校野球の監督として、甲子園に春夏通じて35度出場して通算40勝を挙げている岐阜・大垣日大高の阪口慶三監督(79)が勇退することが29日、分かった。10月2日に記者会見を開く。

 阪口監督は愛知・東邦高、愛知大を経て東邦高の監督に就任した。1977年夏の全国選手権大会で準優勝に導き、春の選抜大会では88年に準優勝、89年に優勝。2005年から大垣日大高を指揮し、07年の選抜大会で準優勝した。

 今夏の全国選手権大会の1回戦に勝って通算40勝目を挙げた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ