• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

米大統領の愛犬、またかみつく 警護官被害、11回目

配信
バイデン米大統領の愛犬「コマンダー」=2022年8月、ワシントン(AFP時事)

バイデン米大統領の愛犬「コマンダー」=2022年8月、ワシントン(AFP時事)

 【ワシントン時事】米CNNテレビは26日、バイデン米大統領夫妻の愛犬が大統領警護隊(シークレットサービス)の警護官にまたかみついたと報じた。これまでに判明している範囲だけでも11回目で、飼い主の責任を問う声が強まりそうだ。

バイデン米大統領の犬、警護官かむ 相次ぐ被害に懸念

 バイデン氏の愛犬は雄のジャーマンシェパード「コマンダー」。25日夜、ホワイトハウスの敷地内で発生した。コマンダーにかまれた警護官は治療を受けたが、「大丈夫」だという。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ