• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

患者数、26都道県394人に 青森・八戸の駅弁食中毒

配信

 青森県八戸市の駅弁老舗「吉田屋」の弁当を食べた人が食中毒になった問題で、八戸市保健所は26日、食中毒による患者は26都道県の394人に拡大したと発表した。

青森・駅弁老舗、食中毒と断定 21都県270人に症状―黄色ブドウ球菌検出、営業禁止に・保健所

 市保健所はこれまで患者数を21都県の270人と公表していたが、新たに北海道や岩手、愛知、徳島、熊本各県でも確認された。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ