• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

通勤用EV「ガソリン高で恩恵」 鳥取市〔地域〕

配信
納車された通勤用の電気自動車(EV)=7月26日、鳥取市

納車された通勤用の電気自動車(EV)=7月26日、鳥取市

 通勤用の電気自動車(EV)を企業にリースする住友商事の新しいグループ会社「Hakobune」。同社の事業で初めてとなるEVを、鳥取市内の金型メーカー「ササヤマ」に納車してから、まもなく2カ月になる。

トヨタ、次世代EV量産へ実証ライン 「一体成型」で工程・時間半減

 第1号ユーザーとなったのは同社の田村和也課長(36)。実際に使ってみて「ガソリンが高くなってきたので恩恵は受けている」とし、「(夫婦でマイカーを)2台持つよりもコスト面でいい」と好評だ。

 EVは同社の希望する従業員に貸与。日中に職場で充電するため、自宅に充電設備は不要だ。年明けには工場の屋根で太陽光発電を始め、EVの充電にも使う。私用で乗ることもできる。

 ササヤマの笹山勝社長は「(社員の)採用にもインパクトが持てれば」。同社には近く2台目のEVも納車されるという。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ