• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

鈴木、逆転の口火 米大リーグ・カブス

配信

 カブスの鈴木が劣勢だった中盤に反撃の口火を切った。2点を追う六回先頭で迎えた第3打席。内角寄りの変化球をうまくさばいて左翼線へ二塁打を放つと、三塁に進んだ後に犠飛で生還。さらに後続の逆転2ランが飛び出した。「しっかりポイントを捉えられた。打席の中での考え方がいい方向にいっている」とうなずいた。

 二回に四球、三回にも右前打で出塁するなど貢献。本拠地最終戦を勝利で飾り、ワイルドカードでのプレーオフ出場圏内をきっちりと死守した。敵地で戦う残り6試合に向け、好調を維持する鈴木は「自分のやることをやって(チームが)勝てればいい」と気を引き締めた。(シカゴ時事)

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ