• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

警官100人が銃携帯資格返上 同僚の起訴に抗議―英

配信
ロンドン中心部で、警備のため銃を携帯する警官=5月6日(AFP時事)

ロンドン中心部で、警備のため銃を携帯する警官=5月6日(AFP時事)

 【ロンドンAFP時事】ロンドン警視庁の報道官は24日、黒人男性を射殺した警官が起訴されたことに抗議し、任務中の銃携帯資格を返上する警官が相次いでいると明らかにした。約100人が返上したとも報じられている。

酔った警官、銃乱射 署内で同僚の脚撃つ―スイス

 起訴された警官は2022年9月、ロンドン南部で運転中だった当時24歳の黒人男性に発砲して死亡させ、裁判所に今月出廷した。

 報道官は、同僚の警官らが「極めて緊迫した状況での(発砲の)決断について、裁かれ方が変わるのではと懸念している」と説明した。ブレーバーマン内相は、拳銃を携帯する警官が「瞬時の判断を迫られる」と指摘。「職務遂行によって罪に問われることを恐れる状況は、あってはならない」と訴えた。

 英国の警官は通常、拳銃を持たず、訓練された一部にのみ職務中の携帯が認められる。ロンドンではそうした警官が、公衆に危険が及ぶような事件発生時の対応のほか、国会、空港、外国公館などの警備を担当している。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ