• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

豊昇龍、かど番免れる 大相撲秋場所

配信

 新大関の豊昇龍は千秋楽で給金を直し、来場所のかど番を免れた。204センチの北青鵬との一番。中に入ると、足技で崩してから左で渡し込み、優勝の可能性を残していた21歳を転がした。

 9日目に6敗。苦しい状況から終盤で意地を見せた。「勝ち越せてよかった。勉強になった。来場所に向けて、この気持ちを忘れないようにしたい」と静かに言った。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

相撲

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ