• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

自分に厳しい宗山 東京六大学野球・明大

配信

 明大は3番宗山、4番上田の中軸が役割を果たした。一回に先制されたが、その裏に宗山がすかさず同点二塁打。コンパクトに逆方向の左へはじき返し、「流れが大事だと思ったのでよかった」。三回に上田の右前打で勝ち越すと、四回には2人の連続適時打でリードを広げた。

 宗山はこの日3安打。春のリーグ戦はやや不調だったが、秋は4試合のうち3試合で複数安打と本領を発揮している。それでも、「ついている安打が多い。中軸を任されている以上は結果を出さないといけない」と自分に厳しく話した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ