• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

板倉、敗戦も「方向悪くない」 欧州サッカー

配信

 ホームで勝利を手繰り寄せようと、ボルシアMGの板倉は後方から激しい守備を披露。1対1の場面では体の強さで相手を圧倒し、空中戦も制した。「自分たちからのアクションでボールを奪いにいけた」と攻撃的な守備に一定の満足感を見せた。

 チームは後半30分に一瞬の隙を突かれ失点。その後、板倉は積極的に攻撃へ参加し、自らドリブルで相手ゴールに迫りシュートも放った。敗れはしたが「前の試合と比べたら、引き締まっていた。向かっている方向としては悪くない」。次節のリーグ戦初勝利へ前を向いた。(メンヘングラッドバッハ時事)

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ