• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

大竹、CSへ手応え プロ野球・阪神

2023年09月23日22時20分

 阪神の大竹は勝負どころでの集中力が際立った。二回1死一、二塁のピンチでは外角のチェンジアップで古賀を投ゴロ併殺打に仕留め、三回1死一塁でも内角低めを突いて塩見を二ゴロ併殺打に。8回3失点で123球を投げ、「しっかり(ストライク)ゾーンで勝負できた」と振り返った。
 自身3連勝でリーグ2位の12勝目。「クライマックスシリーズ(CS)に向けてという意味でも、いい登板になった。もちろん、悪かったところは反省して」。10月に控える大舞台へ、手応えを深めているようだった。

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ