• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

杭州アジア大会が開幕 コロナによる1年延期経て

2023年09月23日22時25分

メイン競技場で行われたアジア大会の開会式=23日、中国・杭州

メイン競技場で行われたアジア大会の開会式=23日、中国・杭州

  • 開会式で点火された聖火=23日、中国・杭州

 【杭州時事】第19回アジア競技大会は23日夜、中国・杭州の杭州オリンピックセンタースタジアムで開会式が行われた。中国での開催は、2010年広州大会以来3度目。45の国と地域から史上最多となる約1万2000人の選手が参加し、10月8日まで40競技で熱戦を繰り広げる。
 新型コロナウイルスの影響で1年延期を経て迎える開会式は、巨大なハスの花をモチーフにした外観のスタジアムが舞台。近代的な技術を駆使して中国悠久の歴史や文化、アジアや世界との調和をアピールした。厳格だった「ゼロコロナ」政策は撤廃されており、中国の習近平国家主席が出席し、開会を宣言した。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長も出席した。
 日本選手団は過去最多となる1100人を超える規模の選手、役員らで編成。24日からは競技が本格的にスタートし、愛知県、名古屋市の共催となる次回26年大会の開催国として臨む。

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合



ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ