• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

バヌアツ首相、米との会議欠席か 親中派、国会日程理由に

配信
バヌアツのキルマン首相(中央)=2015年9月、ポートモレスビー(AFP時事)

バヌアツのキルマン首相(中央)=2015年9月、ポートモレスビー(AFP時事)

 【シドニー時事】南太平洋の島国バヌアツのキルマン首相が、25日にワシントンで開催される米国と太平洋島しょ国との首脳会議に欠席する方向となった。ロイター通信が22日、バヌアツ当局者の話として伝えた。国会日程の都合を理由としている。

バヌアツ首相の不信任案否決 親中派が提出、1票足りず

 バヌアツでは今月4日、親米派のカルサカウ前首相が不信任決議で退陣に追い込まれ、中国寄りとされるキルマン氏が新首相に選出された。バヌアツ国会は25日にカルサカウ氏の議員停職処分を審議する予定で、首相を含む全議員の出席が求められているという。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ