• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

「世界王者」か「世界1位」か 南ア、アイルランドが注目の対戦―ラグビーW杯

配信
南アフリカ代表のSHデクラーク=10日、フランス・マルセイユ(AFP時事)

南アフリカ代表のSHデクラーク=10日、フランス・マルセイユ(AFP時事)

  • アイルランド代表のSOセクストン=16日、フランス・ナント(AFP時事)

 【パリ時事】ラグビーのワールドカップ(W杯)フランス大会1次リーグB組で、前回王者で世界ランキング2位の南アフリカと、同1位で欧州6カ国対抗覇者のアイルランドが、23日(日本時間24日未明)にパリ郊外サンドニで対戦する。W杯では初の顔合わせで、「世界ナンバーワンと世界チャンピオンとの試合」(南ア・ニーナバー監督)として実現する。

【試合日程・出場国・開催地】ラグビーワールドカップ2023

 大会資料によると、過去の対戦成績は南アの18勝8敗1分け。W杯では、南アが過去3度優勝を果たしているのに対し、アイルランドはなかなか結果を残せておらず、これまで4強以上は一度もない。

 ただ、今大会のアイルランドは優勝を狙える力を備えている。強力なFWが売りで、昨年のワールドラグビー年間最優秀選手でフランカーのバンダーフリアーや、プロップのファーロングらを擁する。今大会限りで現役を引退する38歳のSOセクストンも健在。ファレル監督は「世界王者を倒すためには、本当にいい戦いをしないといけない」と意気込む。

 南アフリカはリーグワンの横浜でプレーするSHデクラークらが先発予定。注目は控えの8人のうち、7人をFWにしたこと。ニーナバー監督は「いつも可能な限り荒々しいプレーを心掛けている。激しいスタートを切るための計画なら立てられる」と闘志をにじませる。強豪同士の一戦は、序盤から激しい攻防が繰り広げられそうだ。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ